「山笑う」は木々が芽吹き始めたのどかな春の山の形容ですが、青山讃頌舎の裏山もようやく萠黃に変わり始めました。

茶室より背景の木々を望む