この夏、「しのびの国」という映画が公開されます。原作が「のぼうの城」「村上海賊の娘」の和田竜、主演が嵐の大野智、石原さとみ、と言う話題作です。話は「第一次天正伊賀の乱」つまりの信長軍の伊賀攻めです。この時は丸山城を巡る攻防戦で圧倒的兵力を誇る織田軍が伊賀のど真ん中に建設しようとした巨大要塞「丸山城」を伊賀勢と忍者たちが焼き払い、報復にきた織田軍を再び敗走させるという快挙を成し遂げます。

その舞台「丸山城」が当館から5km程の所に有ります。リアル忍者遺跡!

大村神社(青山讃頌舎)〜丸山城地図

大村神社(青山讃頌舎)〜丸山城地図

丸山城へは当館・大村神社から徒歩でも、車でも、電車(最寄り駅は伊賀鉄道円山)でも行けますが、その前に一般的な伊賀地方の山城と丸山城の規模と仕組みの違いを知るため、先ず「阿保城(頓宮跡)」へ行ってみましょう。「阿保城」は初瀬街道阿保宿のすぐ横にあり「頓宮跡」と看板が出ています。

阿保城(頓宮跡)

阿保城(頓宮跡)

この頃の伊賀の山城は山の中腹に四角く高い土塁を築き中に居館をおくのが一般的です。この構造は伊賀以外ではあまり見かけません。規模も100m以下がほとんどです。

丸山城縄張り図

丸山城縄張り図

それに対し「丸山城」は尾根の頂上に築かれ土塁も余り高くありません。攻めてくる敵を攻撃するのに高い土塁は邪魔だからです。山全体が城で山頂には天守を要し、幾重にも曲輪が連なっています。未完に終わりましたが完成すれば強固な山城となったでしょう(これは山城の発達した形態です)。

丸山城は藪山ですが登ることができます。
丸山城周辺はのどかな田園が広がる農村です。春のピクニックにぜひ訪ねてみて下さい。

麓で見付けたフキノトウ

麓で見付けたフキノトウ

白いタンポポも見付けました

白いタンポポも見付けました

天守跡の「丸山城跡」石碑

天守跡の「丸山城跡」石碑

*縄張り図は伊賀市史、伊賀の中世城館より転載