企画展 伝承・創造伊賀焼展 伊賀焼『今昔』8月8日より

伝承・創造伊賀焼展 伊賀焼『今昔』8月8日より開催

伊賀焼伝統技術保存会第5回会員展

2020.8.88.30火曜日休館 OPEN 10:00― 16:30

伝承・創造伊賀焼展チラシ

観覧料一般300円高校生以下無料 (*8/248/30は期間限定観覧無料)
伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎 〒518-0221三重県伊賀市別府718-3

伝承・創造伊賀焼展 伊賀焼『今昔』 

国指定の伝統的工芸品「伊賀焼」は、古くは奈良時代から始まったといわれ、日本文化を代表する有数の古陶であり、茶の湯が盛んとなった桃山時代には、豪放で力強く破格な美意識を持った茶陶の水指や花入は、一般的に「古伊賀」と言われ、伊賀焼の代表的な作品として有名で、伊賀焼特有のビードロ釉や灰かぶりなど、様々な技法や技術は、現代にも脈々と受け継がれている。
今回は、「伊賀焼今昔」と題し、水墨画家穐月明氏の作品とともに、数点の「古伊賀」作品と現代の作家の作品を見比べ、桃山時代から続く伊賀焼の歴史と伝統を感じながら、伊賀焼の魅力を感じてください。