■ 文化財を訪ねて「大村神社と阿保宿周辺ウォーク」

阿保周辺に残る普段気付かない遺跡や文化財を特別拝観を交え巡ります。大村神社や宝厳寺、柏尾の集落にもたくさんの文化財が眠っています。

【日 時】 5月26日㊐

【集 合】 伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎受付13:00

【行 程】 徒歩/伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎~大村神社~柏尾~寺脇宝厳寺~初瀬街道交流の館 たわらや~伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎

【案 内】 学芸員 穐月大介【定員】 20名【参加費】 500円(観覧券込み)

【申込先】 要予約青山ホール受付 ☎0595-52-1109

大村神社・虫鐘鐘

江戸初期に周辺七ヶ村が伊賀の依那具村の鋳工に依頼し作られた鐘です。大浦神社の神宮寺の鐘でしたが境内に残されました。娘の魔鏡を鋳込みその祟りで乳が虫が食ったようにぼろぼろと落ちていったとと言うお話で「虫鐘鐘」と呼ばれ初瀬街道の名物だったようです。

宝厳寺の文化財

市指定文化財の石造物群、磬•磬台、安田中世墓蔵骨器の外にも多くの文化財が有ります。ここは密教の灌頂(伝法・授戒・結縁など)を行える由緒ある寺院だったらしく、多くの仏像や儀礼用の軸や巻子なども残されています。また境内の梅の古木も名木として知られます。