新年特別企画展「穐月明の水墨と現代漆芸の美」

2022年1月7日(金)〜2月6日(日)

火曜日休館

開館 10時〜16時30分(入館16時まで)

料金 一般300円(高校生以下無料)

住所 伊賀市別府七一八番地三

   伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎

「穐月明の水墨と現代漆芸の美」展

今回は、水墨画家穐月明氏の作品とともに、工芸美術「創工会」に所属する漆芸家7名が表現する現代漆芸作品約30点が並びます。穐月明の水墨表現と伝統の技を受け継ぎつつ、創造性あふれる現代漆芸の美しき表現のコラボレーションをじっくりとお楽しみください。

【出展漆芸作家】
井上絵美子、谷井伸寛、橋詰里織、服部一齋、藤井收、宮木康、村田好謙
【穐月明/AkiraAKIZUKI】
高野山で生まれ愛媛県東予の寺院実報寺で育つ。京都市立美術専門学校洋画科、同日本画専攻科(現京都市立芸術大学)を終了。卒業間近に中国の書画家金冬心に感銘を受けそれまでの画法を離れ京都醍醐寺で水墨絵を独習。以後、師に付かず、派閥に属さず、賞も断り画業に専念、万巻の書を読み山河を写生し独自の絵画世界を築く。其の作品は全国に知られ絶大な人気を博した。
●漆芸作家GALLERTALK 1月23日㊐13:30~[予約制]