2021年4月16日㊎より/没後10周年記念 榊莫 山 展 -故郷・伊賀に帰る

〈 公財 伊賀市文化都市協会 創立30周年記念事業〉

没後10周年記念 榊莫 山 展 -故郷・伊賀に帰る

2021年4月16日㊎〜5月9日㊐ 火曜日休館 OPEN 10:00〜16:30
伊賀市ミュージアム青山讃頌舎 〒 518-0221 三重県伊賀市 別府 718-3

“榊莫山(1926〜2010)は、現在の三重県伊賀市出身。少年時代から書や絵画に親しんだ莫山は敗戦から復員すると、奈良の辻本史邑に師事し、本格的に書の世界に入った。若くして日本書芸院や前衛書道の奎星会で最高賞に輝き、将来を嘱望されたが、師の史邑の没後は書壇を退いて、独自の道を歩んだ。
莫山は、山野を放浪し、道標や看板といった「路傍の書」を訪ねて思索を重ね、1960年代末から「土」や「女」、 「樹」などの漢字ー文字を大胆に扱った作品を発表。70年代後半からは、書と絵、詩を組み合わせた「詩書圃一体」の作風を確立し、現代の文人と称された。 81年に帰郷して自邸にアトリエを設け、伊賀の自然や風物と結びついた作品の数々を生み出し、2010年、84歳で亡くなった。
本展では、没後10 周年を記念し、莫山の芸術の軌跡をたどる。”

●特別講演会「莫山芸術に迫る」 講師 毛利 伊知郎 美術史研究家 前三重県立美術館長 日時 4.17 ㊏ 開場 13 :00 開演 13:30 会場 青山ホール 三重県伊賀市阿保 1411 1

● 呈茶 席 「 榊 せい 子 の おもてなし 」 亭主 榊 せい子 茶道 裏千家 正教授 会場 茶室 「聴樹庵」 日時 4/17㊏・18㊐ ①10時 ②11時 ③12時 ④13時 ⑤14時 定員/各回4名 呈茶料500円

● 庭園で春の野点を愉しむ 会場/茶室「聴樹庵」庭園 日時 4/14・25・5/1・2・8・9 ①10:00 ②11:00 ③13:00 ④14:00 呈茶料400円

◆ご予約お申込み◆
講演会等のお申し込みは、4月3日(土)よう午前10時から伊賀市文化都市協会電話 0595-22-0511にて電話でお申し込みを受付させていただきます