美の視点ー穐月明の収集古物を紐解くー

伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎秋の企画展展

2020.9.11㈮〜12.20㈰ 開館(火曜日休館)
午前10時〜午後4時30分 

薬師寺と瓦
穐月明「薬師寺東塔」と薬師寺の瓦

観覧料一般300円高校生以下無料
伊賀市 ミュージアム青山讃頌舎 〒518-0221三重県伊賀市別府718-3

穐月明の多彩なコレクションを公開

穐月明が独自の美意識と見識を基に集めた多様な古美術を公開いたします。コレクション全体は古画、書、仏像、石造、文学、陶磁器、瓦、鏡、人形など分野も時代も様々ですが、その中でも特に明との関わりの深いもの、特に興味深いものを選び展示いたします。それらは美術品としてだけではなく歴史的にも考古学的にも価値の高いものが多く有ります。様々な分野の方々に色々な角度で見ていただければ、きっと思いがけない驚きや発見があると思います。

明は「金冬心」の画集を見て水墨画に進みますが、大事に所蔵していた書籍の中に『金冬心梅花冊』がありました。裏表紙に手に入れた時の喜びが書き込まれています。
「昭和29年10月16日 穐月明 文華堂にて求む。嬉し。この日由紀子(妻)と大丸に行く。我妻余の為に、仕事着の布と、二十日鼠ひとつがいを買う。今日は良き日なり。余の思い足れり。」
この時25歳、同年美大在学中に結婚しています。とても慎ましやかですが幸せそうです。

これも明所蔵の雑誌『美術雑誌アトリエ・金冬心の書画』ですが、「金冬心」のこういった奔放な画風に影響されたのではないでしょうか。

 穐月明「莊子屏風」

明の初期の作品「莊子屏風」の人物と文字は明らかに金冬心を意識しています。

春秋戦国時代(B.C.770~220)細文地鳳文鏡と鹿紋瓦当
鏡は鳳凰、瓦は鹿の文様です。

中国春秋戦国時代の鏡と瓦です。老子や孔子といった中国古典に親しんでいた明にとって正に彼らが生きていた時代の瓦や鏡ということになります。

飛鳥時代(592~710)山田寺単弁蓮華文垂木先瓦と後漢(25~220)画文帯同向式神獣鏡
単弁蓮華文瓦は朝鮮半島を通じて日本に初めて伝わった瓦の一つです。画文帯神獣鏡は日本の古墳からよく出土する中国鏡です。これらのコレクションは瓦や鏡の歴史が最初から江戸時代までたどれます。

穐月明「壺の椿」とモデルとした「染付花入」

穐月明「白椿」とモデルの「絵志野大皿」

穐月明「織部皿の桃」とモデルの「織部皿」

作品とそのモデルとした陶磁器も残されおり比較することができます。
かなり貴重な陶磁器も所有していますが絵に描いたは現代作家のものや素朴な器が多かったようです。

「龍門二十品」拓本

中国龍門石窟内の造像記(石仏を奉納した経緯を岩に彫った文)のうち特に優れた二十点を龍門二十品と言います。北魏(495~520)の時代に彫られ六朝時代の楷書を今に伝える貴重な資料です。王羲之の後、顔真卿の前の時代です。

于右任「敬天愛人」

中国清朝を倒した辛亥革命の革命家の一人です。文人で書家としても名高く標準草書としてまとめた書体は簡体字の字形に取り入れられています。今は中国で大変高く評価される于右任ですが、明は台湾でまだ無名だった于右任の書を見て惚れ込み収集を始めました。日本で最初の于右任の発見者・コレクターと言って良いでしょう。

満州国第一代皇帝溥儀「偉烈純忠」

映画「ラストエンペラー」でも知られる清朝最後の皇帝愛新覚羅溥儀(あいしんかぐらふぎ)の書。「偉大な功績と一途な忠義」という意味です。この書は清朝皇帝の座を追われ、日本の傀儡国家満州国の皇帝に就任していた時代の物です。堂々とした書ですがどのような気持ちで書かれたのでしょうか。
明は他にも天皇の書なども集めていました。


今回の展示は文化人の書や拓本、中国・インドの石造、経典など穐月明作品と関係資料というだけではなく、博物館でしか見ることのできないようなものも多く展示致します。

講演会や紅葉狩り、茶室の公開もありますのでぜひお申し込みください。



【過去の展示】

2019年以前の展示は法人のページに移動しました。


伝承・創造伊賀焼展 伊賀焼『今昔』

伊賀焼伝統技術保存会第5回会員展

2020.8.8㊏―8.30㊐

伝承・創造伊賀焼展チラシ

2020年オープニング記念
「穐月明名品展・やすらう世界」

開催期間:2020年6月3日(水)〜8月2日(日)

穐月明「思い出の富士山」