12月5日(木)伊賀市教育委員会青山公民館主催の歴史・文学講座 「“絵で見る俳句”~芭蕉さんが与えた影響~」が当館展示室で開催されました。

芭蕉句 月はやし梢は雨を待ちながら/穐月明画「月光雲松」
芭蕉句 月はやし梢は雨を待ちながら/穐月明画「月光雲松」


当館 靑山讃頌舎・美術館の展示室での講演会は初の試みでした。会場の大きさと形状を考慮して定員を25名程度とし展示室のコーナーにゴザを敷き椅子を並べ小劇場のようなアットホームな雰囲気での講演会となりました。

其角句 古道をみかへる松のみどりかな/穐月明画「松林」
其角句 古道をみかへる松のみどりかな/穐月明画「松林」

講師は芭蕉翁記念館学芸員 髙井悠子先生、アートサロン・ムーザ 片山ふえ先生、当館館長 穐月大介のそれぞれがそれぞれの分野の話をしました。

召波句 鐘氷る尾の上の寺や月孤つ/穐月明画「孤月鐘聲」 
召波句 鐘氷る尾の上の寺や月孤つ/穐月明画「孤月鐘聲」 

内容は髙井先生が芭蕉が蕉風を確立した後、弟子たちがどのように受け継ぎ、江戸時代を通して芭蕉がどのように評価されていったかをお話しされました。
髙井先生は展示に添い芭蕉やその弟子、その後の蕪村など天明俳諧の俳人についてお話しされましたので、それに対応する穐月明の絵について私が解説しました。
最後に片山先生から芭蕉の俳句を絵にしたロシアの高名な画家マイ・ミトゥーリチ氏の絵を前にして日本とロシアのつながりから芭蕉がいかにロシア人に親しまれ評価されているかについてお話しいただきました。
9月上野ハイトピアの基調講演で髙井先生に「文学を紡ぐ芭蕉–文学史上の功績–」と題しの芭蕉が蕉風俳諧を確立するまでの話しをしていただきましたが、それに繋がるお話しでした。

闌更句 軒の梅彳めば犬の吼にけり/穐月明画「軒の梅」
闌更句 軒の梅彳めば犬の吼にけり/穐月明画「軒の梅」

芭蕉がいかにして日本を代表する俳聖芭蕉になり蕉風が広がったか、それを現代の作家である穐月明がどのように絵にしたか、また芭蕉はいかに国際的に評価されロシアでも親しまれているかを三人の講師が語ると言う芭蕉を軸として時空を越えた講演になりました。

芭蕉句 旅烏古巣は梅になりにけり/マイ・ミトゥーリチ画

お客さんも熱心に聞いてくださり、講演をした我々も勉強になる楽しい講演会でした。

開催日:2019年(令和元年)12月5日(木)
    午前10時30分~正午
会 場:青山讃頌舎・美術館展示室
主 催:伊賀市教育委員会青山公民館